Print This Post Print This Post

車は便利、住民に不満の声も 「西東京下保谷トンネル」開通の影響調査

By in 交通・道路 on 2015年5月28日
保谷調布線

【開通3日後の調布保谷線下保谷トンネル。2015年3月22日撮影】

 東京都は5月14日、西東京都市計画道路3・2・6号調布保谷線のうち、西武池袋線をくぐる「西東京下保谷トンネル」とその周辺約1kmについて、3月19日に開放してから約1週間後の交通状況を発表した。その中で、既設の踏切も撤去され、西東京市役所保谷庁舎付近から下保谷3丁目地先交差点までの所要時間が12分短縮された、としている。

 調布保谷線は、稲城市矢野口を起点とし、西東京市北町の埼玉県境までの延長14.2km。下保谷から終点の北町3丁目までは現在工事中で、今年夏に全線開通を予定している。

 調査の対象となった区間は、市内泉町の保谷庁舎付近から、西武池袋線の下をくぐり、保谷第一小学校付近までの約1km。

 

調布保谷線326号影響01

東京都作成

 この調査は、平日の3月24日、午前7時から午後7時までの12時間、調布保谷線と都道233号線が交差する中町1丁目地先交差点(図のNO.1)、西東京3・4・13号線と西東京3・4・15号線の下保谷3丁目地先交差点(同NO.2)、それに、都道234号線の踏切跡地付近など2か所の計4地点で実施された。

 開放区間と並行する都道234号線の交通量は、調布保谷線の開放前に比べ、12時間で約7割にあたる4239台が減少、都道233号線では約2割の2042台が減少した。

 調査地点NO.1からNO.2までの通過所要時間は、既設の都道233号ルートでは約17分だったが、新設の調布保谷線ルートでは約5分となり、約12分短縮された。これにより、西武池袋線で分断されていた南北方向のアクセスが向上した、としている。

 この2地点間を調査ルートに決めたのは、東京都によると、開放前との比較データがある最短ルートだったため。事前の調査データが少ないのは、本来調布保谷線全線開通後に現在工事中の区間である北町の埼玉県境までまとめて調査する予定だったが、この間の工事が遅れ、手前1km区間を先行調査することになったため、事前に十分なデータが取れなかったということだ。また、調査ルートが1つだけになったのは、今回の調査で同時に、調布保谷線全線開通を前に周辺各地で比較データを取るための調査も行っており、「西東京下保谷トンネル」周辺の調査に集中的に人員を割けなかったという事情もあった、と説明している。

 西東京消防署への聞き取り調査では、消防車の到着時間が短縮されるなど、消防活動がスムーズになった。道路の見通しが良くなったという結果が出た。

 

東京都作成

東京都作成

 

 今回の調布保谷線の開放に伴い、「西東京下保谷トンネル」が新設されたのに合わせて、自転車を押して通行できる地下歩道や、エレベーターが併設された「下保谷ふれあい歩道橋」が設置されている。

 保谷駅周辺の商店街に交通開放1ヵ月後に状況を聞いてみると、東町商栄会の大河内一紀会長は、「車や自転車、人で錯そうする、日本で危険な道路として知られる、保谷駅南口駅前通りの車の交通量が減って、お客さまが楽に買い物できるようになった。保谷駅北口商店街、かえで通り商店街、東町商栄会ともに商売の繁盛に繋がりそうだ」と話している。

 一方で、地元住民は、「都道234号線は、踏切待ちする車で渋滞していたので、踏切が撤去されて、遠方からの車の利用は便利になったと思うが、地元は不便になった」と話す。調布保谷線には中央分離帯があるため、脇道から合流し反対車線へ行くには迂回路を使い、遠回りしなければならないからだという。

 

保谷調布線03P1070429

【エレベーターが併設された歩道橋と、自転車を押して通れる地下道。2015年3月22日撮影】

【エレベーターが併設された歩道橋(上)と、自転車を押して通れる地下道(下)。2015年3月22日撮影】

 

 また、線路の下をくぐる地下歩道の中央には、自転車スロープが設置されているが電動式ではない。自転車利用者からは、「高齢になると自転車を押し上げるのがきついし怖い」、「道路に自転車用側道をつけてほしかった」、「エレベーターはあるが、自転車は2台しか入れない。歩行者が優先なので利用しにくい」といった声も聞かれた。
(柿本珠枝)

 

【筆者略歴】
柿本珠枝(かきもと・たまえ)
 旧保谷市で育ち、現在西東京市田無町在住。1998年(株)エフエム西東京開局から携わり、行政や医療番組、防災、選挙特番など担当。地域に根差した記者としても活動している。

 

(Visited 6,109 times, 1 visits today)

One thought on “車は便利、住民に不満の声も 「西東京下保谷トンネル」開通の影響調査

  1. やすみつみゆき
    1

    自分はまだ、この新しくなった道を通ったことはないが近所のおばあちゃん達が口々に、厚生病院に行くのにどうやって行ったらいいかわからなくなった!という。いったい、どういうことなのか気になっていたらこの記事を見つけた。これでは高齢者や足を悪くした人は確かに”向こう側”へ行くのは大変だろうと思った。道路を作り変える時は、どの人にも通りやすくする設計が必要だと思う。作ってからでは遅い。やり直しがきかないものほど丁寧にすすめるべきではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA