Print This Post Print This Post

小平市長に小林正則氏が4選 投票率34.64%

By in 選挙 on 2017年4月10日

 

支援者と万歳三唱する小林正則氏(左から2人目)

 任期満了に伴う小平市長選挙は4月9日(日)投開票の結果、民進、共産、社民、生活者ネットが推薦する現職で無所属の小林正則氏(64)が2万8308票を獲得し、自民推薦の前市議で無所属新人の松岡篤氏(31)、市民団体代表の無所属新人、水口和恵氏(54)の2人を破って4選を果たした。当日有権者数は15万2519人、投票率は34.64%と前回より2.64ポイント低く、過去2番目に低かった。

 小林氏は「多選自粛宣言を公約した後の選挙だったので、重荷を背負った選挙だった。これからの4年間は、今後訪れる人口減少を前提としたまちづくりをしていきたい。19万人の市民のみなさんのために全身全霊をかけて市の発展のために頑張っていく」と挨拶した。

 

花束を掲げる小林正則氏

 

 同時に行われた市会議員補欠選挙は無所属の山﨑智子氏(48)が2万6556票を獲得して当選した。
(柿本珠枝)

 

▽小平市長選挙開票結果(2017年4月9日執行)
 当 28,308 小林正則 無現
   15,536 松岡 篤 無新
    8,281 水口和恵 無新
 (選管確定)

 

【関連リンク】
・小平市長選挙・小平市議会議員補欠選挙 開票結果(小平市選挙管理委員会
・小平市長選挙・小平市議会議員補欠選挙 投票結果(小平市選挙管理委員会

 

(Visited 259 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA