Print This Post Print This Post

栄町地域包括支援センター通信第1号発行

By in 交流・共生, シニアライフ on 2018年3月31日

「通信」第1号(クリックで拡大)

 西東京市の栄町地域包括支援センターが3月末、地域活動情報を載せた「通信」第1号を発行した。「小中学生の認知症サポーター336人誕生!」がトップを飾り、西武池袋線ひばりヶ丘駅北口の工事状況のほか、筋トレのミニ講座まで載っている。

 地域包括支援センターは西東京市内に8ヵ所ある。栄町センターはひばりが丘北・北町・栄町・下保谷地域を担当。日ごろは高齢者や家族の相談を受け、要支援者のケアプランを作成し、地域のネットワークづくりや認知症の普及啓発活動に忙しい。

 トップ記事は、担当区域の小中学校で始めた「認知症サポーター養成講座」の成果。認知症啓発活動のため2年前、栄小学校と保谷第2小学校で開いた。昨年9月には2校で計180人が受講した。今年は青嵐中の3年生156人が卒業を控えた3月8日に受講した。「認知症は脳の病気で、年をとるとだれでもかかる恐れがある」などの基礎知識を学び、実際に高齢者になってみたりするロールプレイ(役割演技)を試して、生徒たちは当人の気持ち、必要な手助けなどを体験した。

 通信づくりを手掛けた同センターの北波恵子さんは「介護の必要な方や家族の方の話をうかがうと、路上で転んだら高校生に助けられた。名前も名乗らずに立ち去ったのでお礼も言えなかった、などの話をよく聞きます。講座を受けたサポーポーターたちが、そんな心優しい人になってくれるといいですね」と話している。

 このほか、地域住民がよく利用するひばりヶ丘駅北口の階段、エレベーター、エスカレーターが4月下旬から使えるようになる、などの記事も。佐藤龍一センター長は「地域包括支援センターは地域の方々の相談窓口ですが、必要な情報も発信していきたい。『通信』をこれからも発行して、みなさんに情報を届けたい」と話している。
(北嶋孝)

 

栄町地域包括支援センター
担当地域 ひばりが丘北・北町・栄町・下保谷
所在地 〒202-0006 西東京市栄町三丁目6番2号 保谷苑内
電話番号 042-438-7090
開設時間 午前9時から午後6時(日曜日、祝日、年末年始を除く)

 

【関連リンク】
・地域包括支援センター(西東京市Web

(Visited 122 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA