Print This Post Print This Post

インフルエンザで5学級閉鎖 西東京市立小学校の5校

By in 市政・議会, 子育て・教育 on 2019年1月18日

 西東京市でインフルエンザの影響のため、市立小学校5校の5学級が閉鎖された。市教育委員会が18日までに臨時休業情報を発表して明らかにした。中学校の休業はなかった。

 市教委によると、東小学校で2学年の1学級を16日から19日まで学級閉鎖としたのが最初。その後、保谷第一小学校が5学年の1学級、同第二小学校が1学年の1学級をともに18日と19日学級閉鎖。住吉小学校は5学年の1学級が19日、東伏見小学校は1学年の1学級が19日と21日を学級閉鎖とした。19日はそれぞれ学校開放日となっている。

 学校運営課によると、市教委は各校に対し、「手洗い」「うがい」を励行し、急な発熱や咳、咽頭痛などのインフルエンザ症状がある場合は登校を控え、医療機関を受診するなど、感染の拡大防止の対策を連絡したという。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・市立小・中学校インフルエンザ情報(西東京市Web

(Visited 315 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA