Print This Post Print This Post

「令和」初日に記念撮影スポット 婚姻届提出カップルに西東京市役所

By in 市政・議会 on 2019年4月16日

記念撮影はこんなイメージ(西東京市提供)

 新しい元号「令和」となる5月1日、西東京市は婚姻届を提出するカップルに備え、庁舎内に記念撮影スポットを設けることにした。市のマスコットキャラクターである森の妖精「いこいーな」のパネルや新しい年月日を記した横断幕を用意。記念撮影出来るように計らって2人の新しい門出を祝う。

 この日は令和元年の初日。祝日でしかも大安とあって、閉庁日でも婚姻届などが多くなると予想。午前9時から午後5時まで、西東京市役所田無庁舎1階の宿直窓口で受け付ける。市民課職員2人で対応する。

 市民課によると、撮影場所は1階のロビー。「いこいーな」パネルを前後に用意。「令和元年5月1日」「ご結婚おめでとうございます」などの横断幕とポスターを用意して撮影に備える。

 越沼明彦市民課長は「新しい元号が始まる日なので、来庁者への記念サービスとして、セルフポートレートが撮れる場所を用意した」と話している。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・改元初日限定!令和元年5月1日新元号記念における記念写真コーナーの設置について(西東京市Web
・西東京市マスコットキャラクターの「いこいーな」です!(西東京市Web

 

(Visited 420 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA