Print This Post Print This Post

「統一会派みらい」解消 西東京市議会で冨永氏が会派離脱

By in 市政・議会 on 2019年8月27日

 西東京市議会(田中慶明議長)の「統一会派みらい」(小峰和美代表)が8月26日付けで、事実上解散となる「会派変更届」を田中議長に提出した。「みらい」の所属議員は小峰代表と冨永雄二氏の2人。冨永氏から会派離脱の申し出があり、2人以上の所属議員が会派結成の条件になっているため「みらい」は解消。2人はともに無所属で活動する。

 冨永氏は2018年(平成30年)12月の西東京市議会議員選挙で「NHKから国民を守る党」から立候補、当選した。しかし今年4月29日、同党の立花孝志代表が動画のなかで冨永氏の除名を発表した。

 冨永氏は当選後、市議会で小峰氏と「統一会派みらい」に所属して活動してきた。冨永氏は「考え方の違いもあり、今後はフリーの立場で無所属として活動したいと小峰代表と話し合った」と述べている。

 西東京市議会の「会派及び会派代表者会議規程」第2条によると、「会派の結成には2人以上の所属議員」が必要で、変更したときも(結成時と同じく)議長に届け出なければならない、となっている。

 市議会の構成は「みらい」の解消後、自民9人、公明5人、共産4人、立憲フォーラム3人、生活者ネット2人、無所属5人となった。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・市議会会派の変更について(西東京市議会
・議員名簿(会派別)(西東京市議会
・4人の除名を決定しました(youtube)(4月29日掲載)
・【除名】西東京市議【冨永ゆうじ】を除名処分といたしました。(youtube)(4月30日掲載)

 

(Visited 154 times, 1 visits today)

One thought on “「統一会派みらい」解消 西東京市議会で冨永氏が会派離脱

  1. 1

    冨永氏が「NHKから国民を守る党」を除名になった日付に誤りがありました。4月29日の動画の冒頭で立花代表は「4人の除名を決定した」と述べたあと、「まとめて5人除名しようかと思った」けれども「冨永氏に関しては、本人から正式にお金(参院選の選挙資金130万円)を出さないという話にはなっていないので、ペンディングです」と述べていた。しかし約40分の動画の最後近くで「思想がまったく違う」として「今回、5人を除名した」と述べ、「西東京市の候補者」として冨永氏を指し、除名対象者に含めていました。翌30日の動画の冒頭で立花氏はあらためて「冨永氏を除名した」と述べています。日付と除名理由を訂正、削除します。冨永氏はじめ関係者にご迷惑をおかけしました。確認が不十分でした。29日掲載のYouTubeの動画を「関連リンク」に追加しました。(北嶋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA