西東京市のカワヅザクラ 2題【Photo歳時記】

投稿者: カテゴリー: 連載・特集・企画 オン 2020年3月1日

ひばりが丘団地のカワヅザクラ(2月23日11:00 梶山るみさん撮影)

 カワヅザクラ(河津桜)は、各地でみられるソメイヨシノ(染井吉野)より花の色が濃く、早咲きで知られる。西東京市でもいま、満開を迎えている。いこいの森公園とひばりが丘団地。それぞれ異なるカワヅザクラを2人がみると-。(編集部)

 

花はそこにある

 

いこいの森公園入口付近は並木が見事(2月28日10:37 石田裕子さん撮影)

 新型コロナウィルス感染症拡大予防対策にバタバタしてる今日この頃。ふと気づくと、西東京いこいの森公園のアプローチゾーンのカワヅザクラが満開になっている。ここは、ソメイヨシノとカワヅザクラが交互に植えられていて、一足先にカワヅザクラが咲き、人々を魅了するのだ。
 人が右往左往していても、花はただただそこにいて、凛と咲く。見習いたいなぁ。
(石田裕子)

 

ひばりが丘団地内で満開

 

ひばりが丘団地の「一本桜」(3月1日10:30 梶山るみさん撮影)

 ひばりが丘団地内、中原小学校のバス停近くに、ポツンと1本、カワヅザクラが満開を迎えていた。花が大きく、濃いピンクの色合いが特徴の早咲きの桜だ。大きな枝ぶりは堂々とし、花は青空に映え色鮮やかだ。通りがかりの人たちが、一足早い春の訪れに思わず足を止めていた。
(梶山るみ)

 

(Visited 267 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA