Print This Post Print This Post

「食べたい!買いたい!応援したい!」 西東京市のプレミアム付きチケットが高人気

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス暮らし オン 2020年11月5日

応援チラシ(クリックで拡大)

 5000円で買って8500円分使える。プレミアム率70%-。新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けている飲食店など地元商店を応援しようという西東京市のプレミアム付きチケットに応募が集中している。用意した3000セットに対し、11月2日に始まった申し込みは5日午後5時までに、ネット経由が約6800件、往復はがきによる申し込みが約1000通に上った。応募期間は9日までの8日間。ちょうど半ばで計7800件。しかも応募の多くが1人2セット申し込むとみられるため、抽選倍率は高くなりそうだ。

 

 この事業を実施する西東京商工会によると、応援チケットは500円券17枚綴の一冊。市内の指定飲食店(120店舗)で使える食事券が7000円分(14枚)、小売店・サービス業など(169店舗)での買い物券が1500円分(3枚)。11月16日から来年1月31日まで使用できる。使える店舗一覧は市のホームページ>> に掲載されている。

 

 実際の運営を担っているのは、市や商工会、各地区の商店などで構成する西東京応援事業実行委員会(山本泰嗣委員長)。山本さんは西東京市を中心に複数の飲食店などを経営する会社社長で、同商工会の青年部長も務める。「経営環境は厳しいです。特に飲食店の売り上げは例年より30%ほど減っています。それだけに多くの方々に応援していただけるのはありがたい。これから本番に向けて、『密』を避けるなどコロナ対策をとりながら進めたい」と話している。

 

 申し込みは1人2セットまで。ネット応募は専用サイトから、往復はがきは11月9日必着で市の産業振興課へ。翌10日に抽選し、結果を11日以降に返送する。チケット引き換えは11月14日(土)と15日(日)に保谷庁舎特設会場(市民広場)で。16日以降は、西武新宿線田無駅北口の情報発信拠点「まちテナ西東京」となる。

 

 今回の一般販売に先立って、食事できる飲食店を指定するクラウドファンディング型のプレミアム応援券を2000セット、先着順でネット応募した。10月1日に申し込みをスタートしたところ人気が高く、初日に完売した。このため一般販売は当初、ネットのほか市内各地の店頭販売を計画したが、近隣自治体でもプレミアム券の販売が混雑した事例を踏まえ、ネットとはがきによる抽選方式に切り替えた。

 

 西東京市と西東京商工会は例年、プレミアム付きのチケットを発行して、市内全域の「一店逸品」認定店などの飲食店を飲み歩きながら楽しむイベント「ジョイバル」を実施してきた。しかし今年はコロナウイルスの感染拡大で中止となった。このため市は国の地方創生臨時交付金を活用して、「ジョイバル」に代わる今回の応援事業をあらたに計画。西東京商工会が実施主体となった。事業規模は2250万円。担当の産業振興課は「応募や問い合わせも多く、反響が大きい応援事業だと感じています。国や都の動きを踏まえながら、今後も地域支援につながる事業を検討したい」(小菅真秀課長)と話している。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・西東京応援事業(専用サイト
・西東京応援事業 一般チケット11月2日から抽選受付開始!(西東京商工会
・応援したい!食べたい!買いたい!西東京応援事業(西東京市Web

 

(Visited 6,338 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA