東大ハス見本園の一般公開始まる 観蓮会は7月18日

投稿者: カテゴリー: 暮らし環境・災害 オン 2015年6月25日

lotus02IMG_1230

 

 西東京市の東京大学・生態調和農学機構(旧東大農場)のハス見本園が6月23日(火)から一般公開されている。入場無料。7月24日(金)まで(月・土・日曜日を除く)午前9時から11時の間、200種を超える品種コレクションのうち約100種が見学できる。

 古代日本の大賀蓮や在来種、中国系の琴台歌手、アメリカ由来のミセス・スローカムのほか、東大で作出、品種登録された緑地美人など、多種多様のハスが100余りの枡(区画)に咲いている。

 早朝の観蓮会は7月18日(土)。午前7時30分から11時30分まで開く予定。入園は無料。

 

 

【関連リンク】
・東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構 ハス見本園
 

(Visited 2,291 times, 1 visits today)

東大ハス見本園の一般公開始まる 観蓮会は7月18日」への1件のフィードバック

  1. 城内勝二
    1

    今年2021年のハス見本園の一般公開は中止ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA