Print This Post Print This Post

色とりどりのハスの花咲く 旧東大農場の見本園で観蓮会

By in みどり-環境 on 2018年7月22日

観蓮会は大勢の人たちで賑わった(2018年7月21日午前7時41分撮影)

 西東京市緑町にある東大生態調和農学機構(旧東大農場)ハス見本園で7月21日、恒例の観蓮会が開かれた。待ちかねた人たちが午前7時の開門と同時に見本園に入り、約100種のハスの花々を見て回った。「開門を待っていた人たちは数十人はいましたね」。カウンターを手にしたボランティアスタッフがそっと教えてくれた。

 毎夏開かれる「観蓮会」には各地から多くの人たちがやって来る。開門間もない7時15分は「150人」。午前8時過ぎに尋ねたら「250人になりました」。日傘姿があちこちに見える。帽子を被り、手拭いを首にかけた「熱中症対策スタイル」も多い。「閉門の午前11時までに、来場者が1000人を超えたときもあったそうです。でも今日はこの暑さだから、そこまではいかないでしょう」。スタッフはそう言って汗をぬぐった。

 

紅白黄など色とりどりのハスの花。大賀蓮は散ったあとだった

 

 園内はカメラ持参の人が多い。人気の大賀蓮は花が散り、水を貯めたコンクリート製の区画の中は葉っぱだけが浮いている。「折角見に来たのに、とお叱りを受けるときがあります。大賀蓮は6月初めが見ごろ。いまは終わってしまいました。別の品種が咲いてますからそちらを見てください」と別のスタッフ。市内緑町在住の男性は「毎年来ていますよ。楽しみにしています」とカメラを抱えながら園内を歩いていた。

 

茎から水を入れると葉端から吹き上げる

 

 ハス見本園には、東大が2011年に品種登録した「緑地美人りょくちびじん」、2016年登録の「月のほほえみ」など、200品種以上の花ハスが栽培されている。毎年6月~7月にかけて見本園を一般公開し、約100種が見られる。今年は6月12日から7月20日までの火曜日と金曜日の午前中、時間を限定して無料公開していた。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・観蓮会の開催について(東大生態調和農学機構

 

(Visited 69 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA