Print This Post Print This Post

速見佑斗氏、地位保全仮処分申し立てを取り下げ謝罪

By in 芸術・文化 on 2018年8月31日

速見氏の謝罪文

 体操の宮川紗江選手(18)=西東京市出身=を指導してきた速見佑斗氏(34)は8月31日、「日本体操協会の懲戒処分を受け入れ、地位保全仮処分の申し立てを取り下げる」との文書を発表し、協会宛の「謝罪文」も明らかにした。

 代理人弁護士を通じて報道関係者に送られた文書「取り下げ理由について」によると、宮川選手が29日に開いた会見報道を見て「そもそもの原因は協会の処分ではなく私の暴力行為です。もとをただせば私の行動により一番被害を受けているのが宮川選手です。しかし宮川選手が一番に望んだことが私の復帰です。(中略)どうすれば選手ファーストになるかを考えました」という。

 協会が29日に行った会見の説明によると、「無期限の登録抹消」処分は「真摯に反省し、実績を積んだあとで都道府県より申請があれば再登録が検討される」とのことだった。そこで「処分を全面的に受け入れ反省し、それをみなさまに認めてもらった上で、一刻も早く正々堂々と宮川選手の指導復帰を果たすことこそが選手ファーストだとの結論に至りました」としている。

 体操協会に宛てた30日付け「謝罪文」では、「健全なるスポーツ界にするためにも、私は自分自身が行った暴力行為を素直に認め、いかなる理由によっても暴力行為は許されることではないと深く胸に刻み、真摯に反省することを誓います」と述べ、仮処分申し立ての取り下げとともに、「宮川選手と宮川選手の保護者にも処分内容に対して納得いただいた」と説明している。

 体操協会は31日、速見コーチの申し立て取り下げを受けて発表した文書で、「異議申立期間は終わり、処分は確定した。見直す予定はない」としている。

 協会は宮川選手の記者会見を受けて30日、「第三者委員会」を立ち上げることにしたが、宮川選手に対する「パワハラ問題」に限定して調査し、この場で「速見氏の暴力行為を再調査するのではない」としている。
(北嶋孝)

(Visited 63 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA