Print This Post Print This Post

色とりどりの1200本 こだいらあじさいまつり開催

By in みどり-環境, 楽しむ on 2019年6月13日

素朴な印象のガクアジサイ

 小平グリーンロード沿いにある「あじさい公園」で6月12日、第7回「こだいらあじさいまつり」(こだいら観光まちづくり協会主催)が始まった。青やピンク、紫、白のアジサイ約1200本が見頃を迎えている。

 あじさい公園は小平市がアジサイの名所を作ろうと1974年に開園し、市民ボランティアが植栽を手入れしてきた。園内は緩やかな窪地となっており、この時期はクヌギやコナラの木々の間に色とりどりのガクアジサイ、ホンアジサイ、ヒメアジサイなどを眺めることができる。

 

大輪で華やかなホンアジサイ

 

 この日は朝から西武鉄道主催のイベント「ウォーキング&ハイキング」も開催され、小川駅から府中街道を経て、あじさい公園までを歩いた年配夫婦やお年寄り2000人弱で園内はあふれた。花々を写真に収めたり、ブースで販売するコーヒーを飲んで談笑したりと思い思いのかたちで季節の催しを味わっていた。

 梅雨による曇り空で気温もほどほどの散歩日和。グリーロードにも約300本のアジサイが咲き誇り、道行く人々の目を惹いていた。

 

小平グリーンロードからあじさい公園を見下ろす

小平グリーンロード沿いにも

 

 あじさいまつり最終日の15日には、ボランティアがあじさいの剪定せんていや挿し木のアドバイスをする相談会が開かれる。今年は20日ごろまでが見頃だという。
(片岡義博)

 

【関連リンク】
・あじさい公園(小平市

 

【筆者略歴】
 片岡義博(かたおか・よしひろ)
 1962年生まれ。共同通信社記者から2007年フリーに。小平市在住。嘉悦大学非常勤講師(現代社会とメディア)。

 

(Visited 117 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA