Print This Post Print This Post

水彩画家笠井一男さんの風景画ライブも 第3回ひばり文化祭は10月18日から

By in 買い物・商い, 楽しむ on 2019年10月11日

ポスター(クリックで拡大)

 ひばりが丘PARCOが主催するイベント「ひばり文化祭」が、10 月18 日から11 月4 日まで同店内外で開かれる。この催しは2017年から始まり、今年は3回目。水彩画家笠井一男さんのやライブペインティングをはじめ、切り絵作家小出蒐さんの作品展示、昔の写真と同じ場所で撮り直す「ひばりの肖像。」、周辺の地形を歩いてたどるスリバチウオーキングなど人気企画が目白押し。特設サイトが11日に公開された。

 今回は、気軽にアートに触れることのできるイベントが揃った。これまでの淡白なイメージを覆し、濃厚で味わい深い水彩画で知られる笠井さんの「プチ作品展」や風景水彩画のデモンストレーション(14日)も。市内の風景を切り絵で描いた小出さんの作品展も昨年に続いて開かれる。

 思い出の写真と、同じ場所で再現された現在の写真を並べて展示する「ひばりの肖像。」は、大勢の人たちが立ち止まってみる人気イベント。今年は10点が展示される。ひばりヶ丘駅周辺の貴重な昔の写真を集める写真展も企画。地元の碧山小学校吹奏楽部や西東京フィルハーモニーオーケストラのメンバーによる演奏会、自由学園パン工房の販売会も予定されている。

 11月2日は多摩武蔵野スリバチ学会 真貝会長と楽しむ「ひばりが丘エリアのスリバチの地形」 第3弾。講演会のあと、周辺のフィールドワーク参加者も募集中だ。
 詳細は、ひばりが丘PARCOの特設HP参照。
(北嶋)

(Visited 13 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA