Print This Post Print This Post

夕日が沈む、空が焼ける【Photo歳時記】

By in フォト歳時記 on 2019年12月30日

西空に夕日が沈む。富士山は厚い雲の陰(2019年12月28日午後4時20分)

 年末の夕日を写真に収めたいと、東久留米駅2階の富士見テラスに通った。国土交通省の「関東の富士見百景」に選ばれるほどの絶景ポイント。なのに思いと天気は噛み合わない。雨や曇りの日が多かった。たまに晴れても、富士山頂の落日を撮るのに雲が邪魔。その雲に沈む直前の1枚をとりあえず-。

 12月22日の冬至前後は山頂に日が沈む、いわゆる「ダイヤモンド富士」が見られるというのに、この間はほとんどが雨か曇り。前の週からたまの晴れ間に撮影ポイントを探しまわった。

 

絶好の撮影日和は場所取りが適わず、撮影ポイントを逃す(3枚とも23日午後4時18分-27分)

 

 12月20日は快晴だったけれど、夕刻になると西空は分厚い雲に覆われて撮影を断念した。23日は午後4時前に到着したら、駅舎2階の富士見テラスは三脚とカメラの放列で埋まっていた。急いで西口駅前のロータリーに移動し、地上からの撮影に切り替えた。しかし角度がいまいち。27日は富士山付近に雲がかかり、日没前に退散した。28日も雲が多い。それならと、雲を絡めて夕焼け空に向けてシャッターを切った。
(北嶋孝)

【関連情報】
・関東の富士見百景 富士見テラス(東久留米市

 

(Visited 44 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA