Print This Post Print This Post

地域センターの企画イベント中止 東久留米市で新型コロナウイルス対応

By in 健康・医療 on 2020年2月25日

イベント中止のお知らせを見る住民(東久留米市南部地域センター)

 東久留米市の庁舎内にある交流施設「市民プラザ」で開催予定だったロビーコンサートが2月22日、新型コロナウイルス対応で急遽中止された。市内の西部、南部、東部の3地域センターも併せ、予定していた3月の自主事業6件を中止し、「お知らせ」を各施設に張り出した。

 4施設の指定管理者となっているセイウン社(本社さいたま市)東久留米エリア統括責任者の山田裕さんは「地域の施設は高齢者の利用が多く、乳幼児も出入りします。新型コロナウイルスに感染する恐れがあるため、市からの指示ではありませんが、市民の健康と安全を考慮して判断しました」と話している。

 

張り出されたお知らせ(南部地域センター)

 

 開催予定の「第265回市民プラザロビーコンサート」を中止した市民プラザのスタッフによると、事前に庁舎の入口付近の柱に中止のお知らせを出した。「多くの方はそれを見て引き揚げましたが、中の会場までやって来た方もいらっしゃいます。『いまの状況だから仕方がない』『残念だ』と話していました。お叱りの言葉はありませんでした」と言う。

 ひばりが丘団地内にある南部地域センターは、3月29日予定の「うたごえ喫茶」を中止することにした。隔月で開く人気企画の一つ。「参加費500円ですけど毎回ほぼ100人、ほとんど満席です。ロシア民謡など懐かしの歌などを2時間半歌います。会場から出るときはみなさん、ホントに笑顔で楽しそうですよ」とセンター長の箕輪玲子さん。「前売り券を購入された方には払い戻しします。残念ですけど、また5月がありますから」と話していた。
(梶山るみ、北嶋孝)

 

【関連情報】
・【東久留米エリア】 イベント中止のお知らせ(セイウン

 

(Visited 240 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA