Print This Post Print This Post

小平市が高額介護サービス費を誤支給 過払いと未支給が計913件

投稿者: カテゴリー: 市政・議会福祉・保健 オン 2020年9月24日

 小平市は9月24日、介護サービスの自己負担額が上限を超えた場合に払い戻される高額介護サービス費に過払いと未支給の支給ミスが計913件(計約606万円)あったことが分かったと発表した。システムの運用や確認のミスによる高額介護サービス費の誤支給は全国の自治体で発生している。

 

 高齢者支援課によると、介護保険サービス事業所から介護報酬などの請求金額の修正があったため再算定し、対象者に高額介護サービス費を追加支給した。その後、確認したところ、今年5月から8月に支給した119人、計277件に計410万366円を二重に支給したことが判明した。原因は介護保険システムで支給実績を示すファイルが消失し、支給済みの金額が反映されなかったため。ファイルが消失した原因は調査中という。

 

 過払いの判明を受けて過去の支給状況などを確認したところ、昨年4月から今年8月に算定した高額介護サービス費のうち427人の計636件、計196万4112円が未支給だったと判明した。原因は支給対象者リストの内容確認を誤ったため。

 

 高齢者支援課は「対象者には今回の経緯を記したお詫びの文書を送付するとともに、返還手続きと支給手続きを進めます。今後、再発防止に向けて複数の職員による内容点検の徹底を図ります」としている。
(片岡義博)

 

【関連情報】
・高額介護(介護予防)サービス費の支給誤りについて(小平市

 

 

(Visited 79 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA