Print This Post Print This Post
桜が満開の小平霊園

植木等の命日に墓参 桜満開の小平霊園

投稿者: カテゴリー: 芸術・文化お悔やみ オン 2021年3月28日

 1年前に「小平霊園・著名人の墓巡り」と題して上下2回続きの記事を掲載した。記事の結びに「心残りが一つある。小平霊園に眠るという俳優でコメディアンの植木等(1926〜2007年)の墓が見つけられなかったことだ。他日を期すことにしよう」と書いた。すると読者から墓の場所を伝える情報提供があった。植木等の命日の3月27日、桜が満開の小平霊園に出かけた。(写真は、桜が満開の小平霊園)

 

 「ハナ肇とクレージーキャッツ」のメンバー植木等は、高度成長期という時代を象徴するアイコンだった。喜劇映画「ニッポン無責任時代」が封切られ、大ヒットしたのが1962年。自分が生まれた年なので特別の感慨がある。植木演じる底抜けにお調子者の主人公が大活躍する「無責任シリーズ」は、仕事中毒のサラリーマンを笑い飛ばして大ブームを巻き起こした。

 

 不真面目を絵に描いたような役柄とは裏腹に、本人がもの静かで生真面目だったことはよく知られている。父親は反差別、反戦運動に身を投じた行動派の僧侶だった。植木が「スーダラ節」の享楽的でふざけた歌詞に悩んで父親に相談したところ、激怒するかと思いきや、決めぜりふ「わかっちゃいるけどやめられない」に「これぞ親鸞聖人の教えであり、人類普遍の真理だ。がんばれ!」と背中を押したというエピソードはもはや伝説と化している。

 

小平霊園の花見

小平霊園で花見を楽しむ

 

 お彼岸が過ぎたとはいえ、園内は墓参者の車が行き交い、愛犬の散歩や花見を楽しむ人々が少なからず見受けられた。植木の墓は「14区にある」とのことだったが、14区といっても広い。20分ほど歩き回って、やっと目当ての墓を見つけた。

 

植木等の墓

植木等の墓

植木等の墓

墓石の左側面

 

 14区23側7番にあったお墓は五輪塔で、親族かファンによるものかきれいなお花が供えられていた。正面には「植木家先祖各霊位」、横に法名の「宝楽院釋等照」が記されている。墓石の左側面には「平成二年吉月吉祥日建之 植木等」とあった。墓誌などはなく、シンプル極まりない。

 

 世の中が勢いづいていた時代を縦横に駆け巡った稀代の喜劇人は、国力低下とコロナ禍で元気のない今の日本には「お呼びでない」(植木のギャグ)とばかりに静かに眠りに就いているようだった。
(片岡義博)

 

【参考情報】
・小平霊園(TOKYO霊園さんぽ
・小平霊園・著名人の墓巡り(
・小平霊園・著名人の墓巡り(

 

(Visited 336 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA