令和初、街中練り歩く神輿渡御に興奮 田無神社例大祭

投稿者: カテゴリー: 文化 オン 2023年10月17日

 西東京市の田無神社例大祭が10月14、15日に行われた。本社神輿などが街中を練り歩くのは5年ぶり、令和で初となり、神輿の担ぎ手ら参加者は興奮と歓喜に包まれた。

 例大祭は毎年行われる祭祀のうち、最も重要で厳粛な神事。宵宮の14日は午後6時から女神輿と万燈神輿が田無駅北口・アスタ前を出発し、駅前ロータリーから青梅街道を通って田無神社まで、街中をまわった。伝統の継承、商業の活性化、西東京市のさらなる発展を願い、女神輿は5年ぶりの復活。女性の担ぎ手が次々と代わりながら、威勢のいい掛け声と笑顔で進んだ。

 

田無神社例大祭

宵宮で田無神社境内の出店を楽しむ参拝者ら

田無神社例大祭

青梅街道を練り歩く女神輿と万燈神輿

 

 女神輿を担いでいた60代の女性は、約20年前から渡御に参加しているといい、「本当に久しぶりで、すごい盛り上がり。やっぱり血が騒ぎますね。(体が)痛くてもがんばっちゃう。明日も来ます」と声を弾ませていた。神社境内では子供から大人まで多くの参拝者が出店や、保谷和太鼓会の演奏などを楽しんだ。

 本宮の15日はあいにくの雨のなか、午前10時から例大祭祭典などが行われ、11時すぎに本社神輿が出御。昼すぎには雨も上がり、青空がのぞくなか、午後3時半の神社還幸まで周辺を練り歩いた。

 

田無神社例大祭

雨中の本社神輿渡御。青梅街道に威勢のいい声がこだました

田無神社例大祭

本社神輿還幸

 

 本社神輿渡御は台風やコロナ禍で2019年からなく、4年ぶりに復活した昨年は神輿を担ぐのは境内参道だけ。街中は神輿を台車にのせての渡御で、街中を練り歩く通常の形は5年ぶりだった。

 午後4時からは担ぎ手を代えながら参道を二往復する宮入道中が行われ、境内の興奮は最高潮に達した。社殿還幸時には、神職、総代・世話人らが本社神輿に向かって紙吹雪を撒いて祓い清め、例大祭を締めた。

 

田無神社例大祭

参道の出店の間を抜けていく宮入道中の神輿

田無神社例大祭

宮入道中。担ぎ手には女性の姿も多い

 宮入道中に参加した30代男性は「最初は雨がすごくて風邪をひきそうと思ったけど、晴れてよかった。楽しかった」と振り返り、「少しでも田無を盛り上げたいという気持ちで担ぎました」とも話していた。
(倉野武)

 

【関連情報】
・田無神社の例大祭(田無神社

 

倉野武
(Visited 392 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA