Print This Post Print This Post

西東京市民まつりに19万6000人 いこいの森公園に過去最高の人出

投稿者: カテゴリー: 催事・集会楽しむ オン 2016年11月14日
市民まつり入口

市民まつり入口。車いすの人も乳母車も行き交う(いこいの森公園)

 第16回西東京市民まつりが、11月12日(土)と13日(日)の2日間、西東京いこいの森公園(市内緑町)で開かれた。両日とも晴天に恵まれ、過去最高の約19万6000人(実行委員会発表)が集まった。13日昼過ぎには飲食・物販などの模擬店で完売店が続出した。

 会場の出店エリアには、地元の料理店や企業など170店が軒を連ね、焼きそばやお好み焼き、豚汁、生ビールなどが並び、順番を待つ人などで埋め尽くされた。また、姉妹都市・友好都市の福島県下郷町や千葉県勝浦市などの参加もあり、特産の農産物などを手にとる人も多かった。

 農業コーナーには、JA東京みらいが参加。白菜・大根、人参などの野菜で作った恒例の「宝船」が展示され、無料で配布される「宝分け」には長い列ができた。

 野外ステージでは、ダンスや吹奏楽の演奏などの他、西東京市出身、リオデジャネイロオリンピックに出場し、団体4位の成績を残した女子体操日本代表の宮川紗江選手が登場。選手村でのようすやリオにも持参したという、必需品のストレッチグッズの紹介などもした。

 

出店エリアはごった返した。

出店エリアはごった返した

リオ選手村食堂メニューを宮川選手が説明

リオ選手村食堂メニューを宮川選手が説明

パレードの前を行く警視庁音楽隊

パレードの前を行く警視庁音楽隊(写真は筆者提供)

 

 13日10時30分からは、西武池袋線ひばりヶ丘駅南口からいこいの森公園まで、警視庁音楽隊などによる長い列のパレードが行われ、沿道からは歓声があがった。

 市民まつり実行委員会の内橋勝利委員長は、「多くの方に来場いただき本当に嬉しいです。怪我や急な病気に対応するため、救護所を設置し、災害がおきたときの避難ルートも会場内に確保しています。毎回時間をかけて準備しているので大変ですが、みなさんの笑顔をみると幸せになります」と話していた。
(柿本珠枝)

 

【関連リンク】
・第16回西東京市民まつりを開催します!(西東京市Web

 

【筆者略歴】
柿本珠枝(かきもと・たまえ)
 旧保谷市で育ち、現在西東京市田無町在住。1998年(株)エフエム西東京開局から携わり、行政や医療番組、防災、選挙特番など担当。地域に根差した記者としても活動している。

 

(Visited 2,471 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA