Print This Post Print This Post

ベ-トーベンの「田園」に初挑戦 西東京ジュニア・ユースオケ第11回定期演奏会

By in 芸術・文化 on 2020年1月16日

(クリックで拡大)

 西東京ジュニア・ユースオーケストラの第11回定期演奏会が1月19日、西東京市中町の保谷こもれびホールで開かれる。今回は2006年のデビューコンサート以来初めてベートーベンの交響曲第6番「田園」に挑戦。高校1年の鎌田大翔(ひろと)さんがベートーベンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」の第1楽章を演奏する。

 同オーケストラは青少年を中心とするアマチュアオーケストラとして2006年1月に発足。定期演奏会のほか、市民文化祭や近隣のコンサートに出演するなど地域に根ざした活動を続けてきた。今回は市内を始め近隣に住む小学生から大学生の16人が演奏に参加する。

 鎌田さんは東京都立総合芸術高校音楽科1年。3歳からピアノを始め、内外の音楽コンクールで入賞、入選するなど将来を期待されている。

 オーケストラ事務局長の青木美紀子さんは「小学生から高校生、大学生が、心を込めて演奏します。当日券がまだ購入可能です。どうぞ、皆さんいらしてください」と話している。

 入場料は、一般は1000円。高校生以下は無料。問い合わせは、西東京ジュニア・ユースオーケストラ事務局。メールアドレスは、nishitokyo.jyo2006@gmail.com
(石田裕子)

 

【関連情報】
・西東京ジュニア・ユースオーケストラ(HP
・西東京ジュニア・ユースオーケストラ第11回定期演奏会(保谷こもれびホール

 

【筆者略歴】
石田裕子(いしだ・ひろこ)
 夫と長男と、猫2匹が現在の同居家族。PTAが大好きで、谷戸小学校では2回、田無二中でも2回のPTA会長を歴任。人生のテーマが「子ども支援」。育成会や遊び場開放で、子どもとふれあいなから、市内2カ所の子ども食堂に関わる。谷戸小学校施設開放運営協議会管理者、青少年育成会メタセコイア 副会長、西東京わいわいネット 事務局長、放課後キッチン・ごろごろ代表など。

 

(Visited 226 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA