花火

夏の一夜を光と闇がデザイン【Photo歳時記】

投稿者: カテゴリー: 連載・特集・企画 オン 2020年8月29日

 8月23日、ひばりが丘のアフタースクール「common」(西東京市ひばりが丘3丁目)で「光と映像プログラム」が行われた。この地域のコミュニティーづくりを推進する「まちにわひばりが丘」と、西東京市の「光のデザイナー」二反田和樹さんが協力した。まちにわひばりが丘事務局長若尾健太郎さんは「夏休みの思い出に残るひとときを届けたい、と企画した」と話した。(写真は、芝生に投影された花火)

 

暗くなっての遊びはワクワク!

 みんなで切り抜いたカラーセロハンをボードに貼り、建物がライトアップされた。子どもたちは、芝生に投影される花火や、動く模様を追いかけ、走り回った。長い影と鬼ごっこ、暗闇でかくれんぼ。短い夏休みを最後まで楽しんでいた。

 

空にはくっきりと三日月が

 

 大人たちは「夕涼み」の風情。お祭りも花火大会も旅行も我慢した夏。「ようやく夏らしい気分になった」との声も聞こえた。
(渡邉篤子)

 

(Visited 138 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA