Print This Post Print This Post
小金井公園の梅

青空に映える梅  小金井公園の梅林が見ごろ【Photo歳時記】

投稿者: カテゴリー: フォト歳時記 オン 2021年2月20日

 少し冷え込んだ朝、真っ青な空に誘われて愛犬とともに小金井公園の梅園へ向かった。満開を見逃してしまうのではと先週からずっと気持ちが急いていた。まだ大丈夫! 白とピンクの梅がほのかな香りとともに迎えてくれた。(写真は、美しい小金井公園の梅林。2021年2月19日午前)

 

 一重、八重、枝垂れ、六分咲きもあれば、これからまさに開かんとするつぼみもある。薄紅の花びらも見つけた。

 

白梅

「芳流閣」の白梅

月影

蕾の黄緑色が愛らしい「月影」

 

 紅千鳥、芳流閣、八重冬至、竜眠枝垂れ、八重野梅、曙、鴛鴦、小梅、長寿、水心鏡、緋の司、月影、白加賀…その花の色や形状の特徴、地域などから命名されたのだろう。いつの時代に誰が名付けたのかも知らないが、花を愛で慈しんだ人々。春の到来を喜び、浮き立つ気持ちを抑えられないのは、時を超えても変わらない。

 

紅千鳥

濃いピンクの「紅千鳥」

「八重冬至」

 

 小金井公園サービスセンターによると、梅林には20数種類、約100本の梅が植えられている。2月から3月にかけておよそ1ヵ月間可憐かれんな花々を楽しめる。
(卯野右子)(写真は筆者撮影)

 

【関連情報】
・小金井公園(東京都公園協会

 

(Visited 213 times, 1 visits today)

青空に映える梅  小金井公園の梅林が見ごろ【Photo歳時記】」への1件のフィードバック

  1. 三角善四郎
    1

    卯野右子さん
    数種の梅の姿から、眞に春の色香を感じます。素晴らしい‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA