Print This Post Print This Post

下野谷遺跡の指定候補地が明らかに

By in 市政・議会, 歴史・伝統 on 2014年11月26日

 国史跡に答申された下野谷遺跡(市内東伏見)の指定候補地が、11月25日開かれた西東京市議会文教厚生委員会で明らかになった。

 文化審議会が同月21日、史跡に答申した指定地は、下野谷遺跡公園(約3,172㎡)に加え、現在買い入れを審議中の公園両隣の土地(約5,460㎡)を併せた範囲。今回明らかになった指定候補地は、答申指定地を囲む6カ所、約1万2,500㎡に及ぶ。市教育委員会社会教育課によると、候補地内に居住するのは70-80世帯という。

国史跡指定地と指定候補地

国史跡指定地と6カ所の指定候補地(網掛け部分)。
拡大するにはここをクリック>>。PDF(828KB)で表示。

 同遺跡は直径150mの大規模環状集落のため、一帯は「周知の埋蔵文化財包蔵地」(文化財保護法)になっている。このため土地を掘るなどの工事には国に「届け出」が必要。史跡になると「許可」制になり、地権者の土地利用や開発に制約が生じる。

 史跡指定に先立って11月16日に開かれた住民説明会で出席者から「市のやり方は拙速で事後報告」「候補地になると地価に影響が出るのでは」「史跡の範囲を広げる地区はどこか」などの声が出ていた。市教委は「国の答申が出た後、明らかにする」と述べて、これまで遺跡の指定候補地を公表していなかった。今後は住民説明会で理解を得たいとしている。

[関連情報]
・南関東最大級の縄文集落下野谷遺跡が国指定史跡に!文化審議会が文部科学大臣に答申(西東京市Webサイト)
>> http://www.city.nishitokyo.lg.jp/topics/kyoiku/syakyou/tousin.html
・下野谷遺跡公園(西東京市Webサイト)
>> http://www.city.nishitokyo.lg.jp/sisetu/itiran/koen_ryokuti/sitanoyaisekikouen.html

・史跡等の指定等について(文化庁)
>> http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/2014112102.pdf

(Visited 273 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA