Print This Post Print This Post

晴れの正月を楽しむ 初詣、初売り、初遊び

By in 歴史・文化, 買い物・商い on 2018年1月3日

富士山を望む(1月2日午前11時10分。東久留米駅西口・富士見テラス)

 2018年の年明け。お正月は天候に恵まれ、神社や商店街は大勢の人出で賑わった。写真で構成した西東京市や近隣のお正月風景をどうぞ。

 

田無神社、参拝者で賑う。(1月1日午前9時32分)

参拝者はまだ少ないぞ。急いで列に並ぼう! 田無神社へ初詣

都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園下町中通りで、獅子舞披露(2日午後2時15分)

田無アスタ専門店街1階雑貨店など福袋に人だかり。1月2日午前10時オープン

アスタ専門店街地下1階食料品売り場は福袋に長蛇の列。1月2日初売り(午前10時20分)

昨年、拝殿が市の文化財に指定された北町の天神社。初詣の人たちも増えた(2日正午)

額の後に「鏝絵」(こてえ)がある。幕末期の建築意匠を反映した貴重な文化財

いこいの森公園パークセンターに飾られた門松。金網の向こうはスケート広場(3日午後1時50分)

スケートボードの滑り初め(いこいの森公園)

ボール遊びはいつでも楽しい(いこいの森公園)

風が強くて、凧がなかなか揚がらない(いこいの森公園)

(柿本珠枝、北嶋孝)

 

(Visited 80 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA