Print This Post Print This Post

3館合築基本プラン策定は来年へ 3度目のスケジュール変更

投稿者: カテゴリー: 市政・議会 オン 2016年11月3日
中央図書館と田無公民館

西東京市中央図書館(手前)と田無公民館(奥)

 西東京市の中央図書館、田無公民館を、老朽化の進んだ市民会館と一緒に建て替える3館合築複合化の基本プラン策定は来年に持ち越されることになった。丸山浩一市長が10月28日(金)に開かれた市議会文教厚生委員会に出席して明らかにした。基本プラン策定のスケジュール変更は3度目となる。

 複数の関係者によると、同委員会ではまず生活文化スポーツ部から、庁内に設置された合築複合化基本プラン検討部会の計9回にわたる検討状況が報告された。そのうえで、10月19日(水)に開かれた庁内の行財政改革推進本部で丸山浩一市長から、これまで「年内を目途」にしていた基本プラン策定を、「引き続き検討するようにとの指示があった」と説明した。

 出席を求められた丸山市長は委員会で、あらためて庁内検討の経緯に触れた後「(年内予定の)基本プラン策定のスケジュールをあらためて検討するよう行財政改革推進本部で指示した。議会や市民に丁寧な情報提供と意見の聴取が必要と考えた」などと述べた。

 今年2月、3館の関連団体代表らがまとめた「提言」が4案併記だったことなどから年度内の策定を断念。6月議会で「上半期(9月末まで)を目途」にするとしたが、9月議会では3館のうち田無公民館を現在地に残し、中央図書館と市民会館の2館合築案も加えて、年内の計画策定スケジュールの下に庁内討議を続けてきた。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・西東京市合築複合化基本プラン策定懇談会(西東京市Web
・西東京市合築複合化基本プラン策定に向けた提言(西東京市Web

(Visited 87 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA